個別指導スタイルの学習教室は大人気【短期間で実力も大幅にアップ】

一般入試と異なる対策

授業

教科以外の対策が必要

大学に入学するには、それぞれの学校で実施される入試に合格する必要があります。一般的には1月から3月にかけて行われる一般入試を受験します。高卒などの資格があれば誰でも受験でき、主に学力考査で合否の判定がされます。事前の対策としては、学力をより上げるための対策が必要で、そのための塾や予備校などを利用する人もいるかもしれません。学校によっては一般入試以外の方法で入試を行うところがあり、AO入試もその一つとして挙げられています。AO入試はアドミッションズオフィス入試の略で、一般入試のような学力考査を行わない学校が多いです。高校生活においていろいろな活動をしている人がいます。その活動を生かして大学でも学びたいときにそれを学校側にアピ―ルします。そして学校側はそれを評価して合否の判定をします。AO入試では学力考査を行わないので、通常のような学力の対策をする必要は少ないですが、AO入試特有の対策が必要になるので事前に行っておく必要があります。どんな選考方法を採るかはそれぞれの学校によって異なるものの、出身学校、学校による成績、小論文、面接などを通して事物評価をします。塾や予備校においても対策をしてくれるところがあり、小論文対策を受けておくと、高校生活で行ってきたことをアピールしやすくなります。出願をするときには志望理由書や自己推薦書などを提出するところもあり、その内容が合否に影響することもあります。それらの対策もきちんと行ってくれます。