個別指導スタイルの学習教室は大人気【短期間で実力も大幅にアップ】

先生一人に生徒が何人か

女の人

指導の受けやすさの違い

一般的な塾は、先生が一人に対して生徒が多人数で行われます。一般的な学校の授業とよく似ているスタイルで、先生が一方的に生徒に教える指導方法になります。授業についていければいいですが、授業についていけないとわからないところも出てくるでしょう。質問ができない子だと、わからないまま受け続けるので、さらにわからない状態になってしまいます。より生徒にわかりやすい授業を提供してくれるのが個別指導塾で、先生一人に生徒は少数の体制になっています。個別指導塾を選ぶとき、先生一人に対して生徒が何人になっているかを確認しておきましょう。最も受けやすい個別指導塾はマンツーマンタイプです。先生一人に対して生徒が一人なので、つきっきりで教えてもらえます。常に先生が見てくれているので、いつでも質問ができます。先生に見られている緊張感もあるので、より集中して勉強することができるでしょう。ただマンツーマンは生徒の数だけ先生が必要になります。その分料金も高くなりがちです。理想としてはマンツーマンですが、利用料金との兼ね合いからするともう少し生徒の数が多いところの方が良いかもしれません。先生一人に対して生徒が二人から三人ぐらいの個別指導塾を選ぶようにしましょう。二人の所であれば、縦や横に生徒が並んでいて、その間を先生が行き来しながら指導をしてくれます。つきっきりではないものの、質問したいときにすぐ先生が来てくれますし、まじめに勉強していなければすぐに先生からの指導が入ります。それなりに緊張感があります。